リロケーションで家賃収入

転勤などで、自宅を数年空けるような場合、その期間中だけ賃貸物件として他人に貸し、家賃収入を得るスタイル、これをリロケーションと言います。リロケーションは賃借人との間に、年数を決めて契約します。これによって、家の持ち主は転勤が終わった時点で、自宅へ戻れることになります。通常の賃貸であれば、大家の都合で賃借人を追い出すことはできません。そういう点で、このリロケーションは優れているのです。

また、自宅を空き家のままにしておくと、防犯面でも心配が残りますし、何より住人のいない家は劣化が激しくすぐに住めない状態になってしまいます。そうなると、家主が戻ってきたときに、大掛かりなリフォームが必要になることもあるのです。そして、リロケーションの最も大きなメリットは、家賃収入でしょう。

家は空き家にしておいてもローンや、税金など経費がかかってしまいます。転勤先の住宅費や生活費に加え、自宅の維持費をまかなっていくのは大変なことです。しかし、リロケーションで持ち家やマンションを貸すことで、毎月決まった額の家賃収入が見込めるのです。これにより、ローンや固定資産税に当てるなど、家主の負担は軽減できます。このように、自宅は空き家にするよりはリロケーションなのです。