では、このリロケーションはどのように行えばいいのでしょう。もちろん、個人で賃借人を募って契約をすることに何の問題もありません。ただ、他人に貸し出すには様々な問題が起こることも考慮に入れておかなければいけないのです。家賃の滞納や、ペット、原状回復や近所とのトラブルなど、家主が現場にいない分、対応には時間と労力を費やすことになり、現実的には無理な話になってきます。

つまり、リロケーションをする場合は専門の管理会社や不動産会社に委託するのがもっとも一般的で安全な方法なのです。管理会社に委託すれば、面倒な手続きやトラブルはすべて代行してくれます。例えば、入居者の募集、家賃回収、クレームへの対応や家の修繕、また明渡し時の処理も行ってくれますので、すべてがスムーズに運びます。

リロケーション以外にも、空き家の管理を行ってくれる空室管理のサービスがありますし、自宅を売却するという手段もあります。ただ、空室管理では収入が得られず経費だけが嵩んでいきます。また、売却は資産そのものが消失してしまうことにもなります。こういったことから考えると、空き家の扱いはリロケーションが最も適していることになるのです。転勤で空き家対策に困っている人は、リロケーションを検討してみるのがおすすめです。

転勤などで、自宅を数年空けるような場合、その期間中だけ賃貸物件として他人に貸し、家賃収入を得るスタイル、これをリロケーションと言います。リロケーションは賃借人との間に、年数を決めて契約します。これによって、家の持ち主は転勤が終わった時点で、自宅へ戻れることになります。通常の賃貸であれば、大家の都合で賃借人を追い出すことはできません。そういう点で、このリロケーションは優れているのです。

また、自宅を空き家のままにしておくと、防犯面でも心配が残りますし、何より住人のいない家は劣化が激しくすぐに住めない状態になってしまいます。そうなると、家主が戻ってきたときに、大掛かりなリフォームが必要になることもあるのです。そして、リロケーションの最も大きなメリットは、家賃収入でしょう。

家は空き家にしておいてもローンや、税金など経費がかかってしまいます。転勤先の住宅費や生活費に加え、自宅の維持費をまかなっていくのは大変なことです。しかし、リロケーションで持ち家やマンションを貸すことで、毎月決まった額の家賃収入が見込めるのです。これにより、ローンや固定資産税に当てるなど、家主の負担は軽減できます。このように、自宅は空き家にするよりはリロケーションなのです。

Scroll To Top